最近よく聞く過払い金請求。これ、本当にメリットだけなの?

テレビ、ラジオ、広告などでも頻繁に見かけるようになった過払い金請求の案内。

要注意

 

過払い金請求するとお金が返って来るのでメリットしかないと思いがちですが、
タイミングを間違えると大変なことになります。

 

請求する前に、してもいい時期なのか確認してから申込みましょう。

 

返済中に過払い金請求するのはNG!

消費者金融からキャッシングしていて、返済中に過払い金請求すると
その請求は『債務整理』とみなされて自分の信用情報に傷をつけることになります。

傷ついたノート

 

つまりブラックリストの仲間入りをしてしまうんです。

 

債務整理した実績があると、その情報が信用情報に記載される5〜10年は
新規借入やクレジットカードの発行が出来なくなってしまいます。

 

これは絶対避けるべきです。

 

返済途中でも請求した過払い金で完済できれば信用情報は傷つかない!

返済途中で過払い金請求したら債務整理扱いとなり信用情報に傷がつくといいましたが、
返ってくる過払い金で完済できるなら信用情報に債務整理の情報は残りません。

 

正式に言うと、一旦情報は登録されますが、完済されればすぐに消えるので傷は消えます。
消しゴム

 

ですから返済途中で過払い金請求考えているなら、
返って来る額で完済できるかどうかをしっかりと把握してから過払い金請求をする必要があります。

 

少額でも残債が残ったらアウトなんでよーく確認してください。

 

過払い金請求は、本来完済しきってからするものということを忘れないようにしましょう。

 

そもそも過払い金とはなにかというと、払い過ぎた利息のことです。

過払い請求

いまでこそ、消費者金融で安心して借りられますが、
ちょっと前までは違法な利息を請求する業者もあり過払い金が発生していたのです。

 

2006年に違法な金利を認めない判決が出て、2010年に利息制限法が施行されました。

 

2007年までに借りていたキャッシングを見直してみたら違法な金利を請求されてた可能性があるので、
過払い金の返還がありえそうなら請求してもいいと思います。

 

ちなみに2007年以降に借り始めたなら過払いしている可能性は低いです。
つい最近借りたとかなら過払い金の被害は、ほぼないでしょう。

 

トップページに戻る